家を建てる ~打ち合わせ1回目~

突然ですが、家を建てます。

毎日が構造に関する勉強やら間取りやら、インテリアやらエクステリアやらの勉強・勉強・勉強。

家に帰ると寝るまで頭から煙が出っぱなし。

正直ブログどころじゃなかったのだった。


先週あたりにようやくローン審査の用紙を提出してきた。

間取りはまだ頭をひねらせるところが残っているが、少し落ち着いたタイミングで忘れる前に書き残しておくことにする。



閑話休題


そろそろ自立しなきゃなと思い始めたのは、社会人1年と6ヶ月ほどたったころ。

友人がマンション購入して彼女を連れ込む(いわゆる結婚)…という話を聞いたのがきっかけ。

同い年なのいしっかりしているなぁという思いと、先を越されたというちょっと悔しい思いとが、漠然と思っていた独立と言う言葉を確固たるものにしたのであった。


聞くところによると、賃貸でも購入でもトータルで見ると支払い金額にはそんな大きな差異はないみたい。

でもローンを支払い終えた後の安心感は賃貸ではない特権。

最初は賃貸…ってのも考えなくも無かったが、月10万弱の家賃がかかって財産にまったく残らないのは非常にもったいないと思う訳で…。


深いことは考えず、とりあえずは動いてみようと、その友人の紹介で神奈川県では有名な城南建設へ行ったのであった。



第一回目は顔合わせとヒアリング。

営業さんは、いわゆる営業とはある意味真反対。売り込むというより放任主義。

後でネットで調べたところによる、悪名高い城南の営業とは違うなという感じ。


話した内容の半分以上は雑談。

友人の挙式はいつ?とか、今度温泉旅行行きたいけどどこがお勧め?とか、ディズニーシーっていいですよねぇみたいなそんな和気藹々?としたムード。


本題の要点は…

私: いくらくらいの物件なら買ってOK ?
城南: 収入から考えて、マンションなら2000万ぐらい、戸建は3000万ぐらいで探しましょう。新築は難しいので、状態のよい中古でどうですか?

私: ローンの返済はどうなる?
城南: 月10万くらいくらいならゆとりを持って返せますよ。ボーナス併用は利息も取られてもったいないので、その分は繰り上げ返済でガンガン短縮した方がいいです。最初の10年でどれだけ返済できるかが勝負です。

私: 金利が上がったら支払いきつくなりません?
城南: 金利が上がるのは好景気の時です。好景気になると当然給料も上がります。相対的に見て、つらくなることはないと思います。

私: 物件はマンションでいこうと思ってますが、利便性と生活環境を考えてイイ!と思うところだったら場所はこだわりません。
城南: マンションにするならエキチカですね。郊外型マンションがはやったころもありますが、毎朝の駅までの交通手段や買い物を考えてみると不便で今では影を潜めています。結局、地価が安いところには別に戸建で大丈夫なんです。地価が高いエキチカに戸建はなかなか庶民は建てられません。だからマンションなんです。

私: 年明けぐらいから、新年度はじめくらいまでには決めたいですね。でも、あまり急がず気に入ったものを見つけるまで契約しません
城南: 物件が一番動く時期ですから、いいものはすぐに売れます(ここらは営業らしかった)。とりあえずはものを見てください。


こんな感じ。

このときの一番の不安は今まで生きてきた時間以上に払い続けるローン。

金銭的な部分をメインに話した気がする。

とりあえず、のんびり探してゆく…つもりだったのである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック