家を建てる ~設計打ち合わせ1回目~

契約で抜け切った魂が戻るまもなく設計開始。

担当いただくことになった先生は、50代な雰囲気の恰幅のいいおじちゃんって感じ。

<1階>
● LDK
 → ズドーンと広々空間が欲しい

● リビング階段
 → 廊下の面積がもったいない。
 → 将来子供ができたとき、誰が家にいるのか分かるようにしたい

● お風呂
 → 2階に水場は大きく持ってこない

● トイレは便座正面に扉があること
 → 掃除、介助の際に正面向きだと容易

<2階>
● 2~3部屋
 → 2部屋の場合、後々に3部屋に分割可能な間取りにする

● 主寝室は広く
 → 子供部屋が実際に使われるのはどんなに早くても10年後くらい。
    広々とした空間を寝かしとくのはもったいない
 → 子供部屋は狭く、なるべくリビングに家族がいる時間が長くなるように

● バルコニーは広くしたい
 → 芯~芯900mmではものの出し入れに狭そう
 → 布団を干せる空間の確保が大事


上記が初回我々が伝えたメッセージ。

建築CADを巧みに操り、イメージがぱっぱと具現化してゆく。


…これ、かなり爽快。


初回の延べ床は95m2くらい。

ちょっと予算オーバになりそう。


帰りがけに、檜物語とやらの重くてでかくて黒い2冊の冊子を手渡される。

凶器になるよこの重さ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック