家を建てる ~設計打ち合わせ3回目~

引き続き細かい間取りの修正。

城南の家は、1m2いくらの換算。
小数点以下は切り捨てなので、建築面積**.99 m2も**.00 m2も同じ金額。

ということで、.99化を依頼。


次回は屋根形状をとのことで打ち合わせ終了。


城南の仕様は、居室とみなされる条件は4.5畳以上。
基本的には居室1つに収納1箇所。ただし、1間以上のドアサイズになると差額が発生。
でも、深い分には問題ない。

意外とこの縛りは厳しく…最後まで尾を引くことになった。


このころからフリーソフトのせっけい倶楽部を使い始めた。

三角などの変則的な間取りは作れないが、自分たちの考えをまとめるツールとしては秀逸。


まだまだ、怖いもの知らずで突っ走り系

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック