家を建てる ~設計打ち合わせ9回目~

見積書が、でたり出なかったり…。

なぜかは不明だが営業サービスで、壁の断熱材がアクリア100mmになった。


いよいよ大詰め。サイディングの決定。


前から気になっていた、ニチハの【ポメロストーン エアルアイボリー】は譲れないポイント。
パッチワーク風でマスの色が微妙に異なっているあたりが、そそられる。


一応、城南のハウスデザインを参考に決めてはいたが、ハウスデザインはあくまでも参考で、サイディング(ないし、ジョリパット)等は決められた中(4425円/m2以下、一部例外あり)から自由に選んでよいらしい。当然、張り分けも自由。


サイディングはニチハクボタ松下から選べる。2種類以上を組み合わせる場合はメーカを統一するとのこと。

性能としては、ニチハは最大16mmで1時間耐火に対し、松下は15mmで45分耐火。

どちらも、光触媒機能(マイクロガードや光セラ)が付いているサイディングは値段は一緒でもOP扱い。

なんか腑に落ちない。最先端のを選ばせるってのは、作るメーカにもハウスメーカにもメリットがあると思うのだが…。

まぁ、裏でいろいろやり取りがあってのことなんだろうけど…。


ポメロストーンエアルアイボリーとあわせるのを何にするかというところでもめる。

色的には茶色系を選びたいねと何種類かのサンプルをメーカに依頼をしてそこで終了。


マイスターウッド、和木、ログウッドあたりが有力候補。

問題は、ポメロストーンと調和が取れる組み合わせかどうか。。。



外観のイメージができてくると、早く家を建てたい衝動に駆られる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック